階段

業務日誌

足場が解体されました 円光寺の家

足場の解体に先立ち、屋根廻り、外壁廻りのチェックをします。事前にチェックした汚れや、吹付の不備などを再確認します。足場があるうちにできる作業は、全て完了したことを確認して解体作業に入ります。 正面の全貌も見えてきました。全体を黒色でまとめ、正面の延焼ラインを避けた位置に米杉板を張っています。 同時期に着工した隣家とは、色も形も対照的なものになりました。幸いにも、隣接する壁面の窓は互い違いにずれて、開口部が向き合うことはありませんでした。 隣家から覗かれることのない2階のプライベートなバルコニーからは、空を切り取って見ることができます。 内部では、仕上工事の真っ最中です。壁の石膏ボードは、ジョイント部分を少なくしてクラックなどの問題を最小限に抑えるために3×8版(910ミリ×2420ミリ)のボードを使っています。天井高さ2.4メートル以下であれば高さ方向にジョイントのない壁面にすることができます。 外観は閉鎖的に見えますが、各所に光と風の通り道を作っています。階段正面は隣地のため、左側の中庭側に窓を設け、隣家からの視線...
業務日誌

合板で階段の仕切壁を作る 円光寺の家

この住宅では、階段の段裏側も化粧としてあらわれてくるため、ササラを見せずに壁にジグザグの段板が差し込んでいるようにしています。また、折返しの階段の真ん中に建てる仕切壁は、普通に柱を建てて作ると幅が広くなりすぎるため合板を使った仕切り壁にしています。30ミリの合板一枚を建てて作る例もあるようですが強度的な不安があるため、24ミリの構造用合板を3枚重ねて壁としています。中央の合板は下から上まで通して設置し、それぞれ両側の合板は段板が乗るようにジグザグのササラ状に切り欠いていきます。まずは、合板の壁を建てて直接壁面に墨出しをしていきます。 逃げの無い明細な寸法のため、A1サイズの図面に拡大した階段詳細図をプリントアウトして現場に持込み、大工さんと確認しながら位置を出していきました。 墨出しまで大工さんと一緒に行い、後は本職に作成してもらいます。後日、無事に加工されていました。後は段板を架け渡せば階段になります。 玄関ホール側から階段を昇り、踊場で折り返した裏側は玄関土間が延長した空間で正面にFIX窓があります。  ご質問...
業務日誌

内装工事進行中です 大場町のアトリエ

フローリングも張られ、間仕切りや家具などの造作が順次行われています。天井や壁は基本的に既存のままなので家具が付けば、ほぼ完成といったところですが、これからが大詰めです。 西側に設けたアルミサッシから夕日が差し込み、暗かった土蔵がとても明るい空間になりました。小さな開口部ひとつで、劇的に空間が変わることを改めて実感しました。 急だった階段もタモの積層板で緩やかに架け替えました。  ご質問・お問い合わせは、こちらからどうぞ 関連記事 こちらもご覧ください 業務日誌|内装仕上げ 東山の家2 業務日誌|能登の間伐杉を使った棚 M YOGA コラム046|階段の見せ方
コラム

コラム046|階段の見せ方

階段は空間を貫く斜めのデザイン要素 リビングなどの生活空間に階段が見える場合、斜めに上下空間を貫く階段は、かなり目立った存在になります。 一般的には段板の両側に「ささら」と言われる板を上下階に架け渡し、その間に段板をはめ込んで階段とします。その場合、幅20センチほどの板が斜めに空間を横切ります。建築は主に垂直と水平線で構成されているため、斜めの線は多少違和感があるため階段の見せたかを工夫する必要があります。 階段を大きな塊に見せないために 久安の家では、階段を支える「ささら」を段板の下に鉄骨のH形鋼(100ミリ×100ミリ)を2本架け渡し、水平の段板がリズミカルに上昇するように並べています。細い鉄骨を白く塗装することによって、白い空間の中で目立たなくなります。 石引の家では、鉄板を段板に合わせてジグザグ状にレーザーカットして、それに集成材の段板を取り付けています。厚さ16ミリの鉄板を80ミリの幅で加工しています。木造住宅でも、鉄骨を用いて軽快な階段を作ることも可能です。 箱形の階段でボリュームを見せる 八幡の土蔵のリ...
業務日誌

階段がつきました 東山の家2

階段が付きました。 階段の段板を支える「ささら」を、何度か設置する場所に当てて微調整をしています。 手摺を取り付けるための壁下地も入れて、完成です。