TOP>設計事例>葬送空間えにし

葬送空間えにし

外観夜景

コンセプト

能登地区に位置する富来町の200席程度のセレモニーホール。

正面のフロストガラスで覆われた長さ19mの回廊は、入口までの距離をとることによって風除室としての機能的な役割を果たすと共に、参列者が外界から告別の場であるホールへ至るまで厳かな精神に切り替え、故人を偲ぶ回廊としての役割を持たせている。回廊には故人の思い出のパネル等の演出をして、飾棚のある壁を左に曲がって建物内へ入っていく。出棺時には、ロビーを出た故人はフロストガラスで覆われた光の回廊を通って車寄せに至る。その様子は外部で見送る参列者にもスクリーンに映る影で確認することができる。

建築概要


所在地:石川県志賀町(富来町)
用途:集会場(セレモニーホール)
構造:鉄骨造平屋建て
外部仕上
屋根:ガルバリウム鋼板折板葺, シート防水
外壁:ガルバリウム鋼板, 押出セメント成型板
開口部:アルミサッシ
内部仕上
床:タイルカーペット
壁:石膏ボードビニルクロス
天井:石膏ボードビニルクロス

Photo gallery

  • 外観夜景

    車寄せの庇に連続するフロストガラススクリーンの向こう側が入口までの回廊となる。

  • 回廊

    回廊(風除室)

  • 玄関ロビー

    玄関ロビー

  • ホール

    ホール


 設計事例一覧に戻る

ページのトップへ戻る

家山真建築研究室


〒920-0841 石川県金沢市浅野本町1-15-36


 076-251-8166

 mail@ieyama.jp


お問い合わせ

お名前

メールアドレス

メッセージ