基礎コンクリート養生 東山の家2

業務日誌
この記事は約1分で読めます。

20150805-1024x768コンクリート打設の翌日、建設会社の現場監督の手によって養生がされていました。コンクリートを冠水させて、真夏の急激な乾燥によるクラック(ひび割れ)を防ぎます。また、コンクリートは乾燥して固まるのではなく、セメント成分が水と化学反応(水和反応)によって硬化するのです。

小さなひと手間によって、強固な基礎を作ることができます。