TOP>設計事例>会場構成(藤原絵里佳・四井雄大・岩村遠 陶展)

会場構成
(藤原絵里佳・四井雄大・岩村遠 陶展)

細長い展示台

コンセプト

金沢アートグミで開催された「第3回コーポレートアート展」藤原絵里佳・四井雄大・岩村遠 陶展の会場構成デザイン。

3人の陶芸作家のグループ展のための会場構成。異なる作風の展示を、空間的には一体的ではあるがそれぞれの領域を創り出すようにした。白く低い壁で仕切られた部分に藤原絵里佳の作品。半透明な布を幾重にも重ねて仕切られた部分に岩村遠の作品。その間に四井雄大の作品を配置した。

概要


所在地:石川県金沢市
会場:金沢アートグミ
会期:2013年2月9日~2月24日
主催:金沢美術工芸大学、北國銀行
制作:金沢アートグミ、石森木工

Photo gallery

  • 白い砂が入れられた展示台

    会場前方のステージの一段高くなった場所に白い壁を立ち上げ、その内側の白い砂を敷き詰めた展示台に藤原絵里佳さんの黒い作品が並んでいます。会場側からは作品は見えず、見える方向を限定することによって固有の場所を創り出しました。その奥にはガラスの展示ケースに入れられた四井雄大さんの作品。白い半透明な布が張り巡らされた奥に岩村遠さんの作品が展示してあります。

  • 細長い展示台と背景の白い壁

    会場中央には、藤原絵里佳さんの壺のような黒い細い作品が白い細長いテーブルに並んでいます。ステージに配置した白い壁が作品の背景となっています。

  • 半透明の布によるレイヤー

    半透明の白い布をレイヤー状に張り渡し、背後に岩村遠さんのライトアップと一体化した作品が並んでいます。


 設計事例一覧に戻る

ページのトップへ戻る

家山真建築研究室


〒920-0841 石川県金沢市浅野本町1-15-36


 076-251-8166

 mail@ieyama.jp


お問い合わせ

お名前

メールアドレス

メッセージ